院長挨拶

院長紹介

昭和大学歯学部では、「これからは全身に関わりのある歯周病の治療がますます重要になるだろう」と考え、歯周病教室に入局しました。大学退職後は、知識や技術を向上させるために、千葉県の開業医、そして同じ東金市にある病院にて勤務いたしました。特に病院勤務時には、歯周病を専門に勉強し、高齢の方や精神疾患をもつ患者さんの治療にあたりましたが、当時はまだまだ歯の保存について重要視されておらず、歯茎が腫れたり痛んだりすると、抗生剤を処方し、歯を抜き、義歯、ブリッジにするような傾向がありました。しかし、だんだんと歯を保存するという私の治療方針を聞いて、他の歯科医院で診断・治療を受けていた患者さんが診療に訪れるケースが増えて来ました。その数が増えるにつれて、「困っている患者さんが気軽に相談できる歯科医院を・・」という想いが生まれ、開業する決意がつきました。そして開業からまもなく7年が過ぎようとしている今、ようやく、地域の皆さんのかかりつけ歯科医になれたように思えています。 今後は、お口全体、全身との関わりを考慮しながら、トータルで患者さんをサポートできる歯科医師をめざします。どうぞよろしくお願いします。

院長紹介はこちら

当院の特徴

当院の特徴

「インフォームド・コンセント」を大切に、患者さんとコミュニケーションをとります。 むし歯や歯周病を治療するときは、左右の噛み合わせのバランス、全身、顔面のゆがみ、歯の高さ、生活習慣、態癖、そのときの健康状態などの全ての面から、トータルでチェックする「包括的な歯科治療」をめざしています。

詳細はこちら